【2021年度】2021年10月から郵便物の配達、郵便料金の改正のまとめ

今年の4月は肌寒い日が多いような気がします。

3月の方が暖かかったような…

ゴールデンウイークはいい天気が多いと嬉しいですね。

2021年10月

2021年10月から郵便物の配達、郵便料金についてたくさんのことが変わります。

  • 土曜日の配達休止
  • お届け日数の繰り下げ
  • 速達料金の引き下げ
  • 配達日指定料金区分の変更
  • 郵便区内特別郵便物の差し出し条件の変更

この5つが変わります。

詳しく見ていきましょう。

土曜日配達のお休み

普通の郵便物やゆうメール、特定記録等について、土曜日の配達がなくなります。

※書留や速達などのオプションを付ければ土曜日も配達します。

国内郵便

配達が休みの日 お届け日数
郵便物・ゆうメール
(オプションをつけてないもの)
土曜日・日曜日・休日 現行+1日程度
スマートレター
特定記録 変更なし
速達 変更なし

土曜日、日曜日、休日も配達。

書留
簡易書留
代金引換
ゆうパック
ゆうパケット
レターパックプラス
レターパックライト
クリックポスト

電子郵便

配達が休みの日 お届け日数
Webレター 土曜日・日曜日・休日 現行+1日程度
コンピュータ郵便
Web速達 変更なし
引き続き土曜日、日曜日、休日も配達。
変更なし
レタックス
電子内容証明郵便

外国から到着するもの

配達が休みの日 お届け日数
通常郵便物
(オプションをつけてないもの)
土曜日・日曜日・休日 現行+1日程度
国際eパケットライト 変更なし
小包郵便物 変更なし
引き続き土曜日、日曜日、休日も配達。
書留・保険付
EMS

お届け日数の繰り下げ

普通の郵便物やゆうメール等について、お届けまでの日数を1日程度遅くなります。

※書留や速達などのオプションを付ければ今までと変わりません。

段階的に変わっていくようなので、郵便局のホームページで確認しましょう。

日本郵便トップ(2021年10月から郵便物(手紙・はがき)・ゆうメールのサービスを一部変更します。)

速達料金が安くなります

配達に日数がかかるようになると、速達の需要が高くなりそうです。

そこで、2021年10月1日引受け分の郵便物から速達の料金が変わります。

新料金の260円切手は、2021年9月1日に発売です。

旧料金の290円切手は、交換手数用無料で他の切手などに交換ができます。

重さ 2021年9月末までの料金 2021年10月からの料金
250gまで 290円 260円
1kgまで 390円 350円
4kgまで 660円 600円

 

配達日指定郵便料金の区分変更

2021年10月1日引受分から、配達日指定郵便の料金区分が変更になります。

土曜日の配達がなくなるということは、

配達日指定を土曜日にするためにはお金を多く出さないといけません。

これは値段が高くなった感じがします。

指定日 2021年9月末までの料金 2021年10月からの料金
月曜日~金曜日(休日を除く) 32円 32円

土曜日(休日を除く)

210円
日曜日・休日 210円

郵便区内特別郵便物の差出条件の変更

まだ詳しく決まってないようです。

まとめ

日本の郵便配達は優秀で誰もが翌日には届くという認識があります。

それは、配達員さんや郵便局員さんが遅くまで仕分けをしたり、雨の日も雪の日も猛暑の日も配達をしてくれるからです。

働き方改革の影響?郵便物の減少?などなどが背景にあるのかは不明ですが、

郵便局を利用している方は自分にあった郵送方法を局員さんに確認した方がよさそうですね。

最新情報をチェックしよう!